太陽光発電のメリットとは何か?

一度設置すればメンテナンスのみ行なえば良い

太陽光発電の最大のメリットは、一度設置すれば太陽光は常に降り注ぐので、設置場所を誤らない限りはメンテナンスをするだけで運用が続けられることになります。目の前に巨大なビルが突然建設されることが無ければ、影響を受けることは少ないでしょう。
太陽光発電システム用のパネルについては、反射光の問題をクリアすれば太陽光パネル設置角度による差は最小限に出来ます。既に太陽光発電所として建設し、運用をしている場所の目の前に巨大な建物を建設する際には、十分な配慮がされる必要があり損害額を賠償請求出来るわけです。用途地域を誤っていない限りにおいては、比較的早く建設と運用を開始した方が、固定買取価格が年々引き下げられていることからも有利です。

固定買取価格は太陽光発電所を先に作った方が高い

日本政府による太陽光発電によって得られた電力の固定買取価格は、運用開始時の買取価格が決められた年数適用されます。固定買取価格は年々引き下げられているので、早期に太陽光発電所を建設した方が利益が高く見込めます。太陽光パネルの発電効率による進化以上に買取価格の引き下げが行われているので、早い者勝ちといった感があるわけです。
太陽光発電ファンドの中には、太陽光発電所の建設遅れから収益が当初よりも低くなってしまうこともあります。計画から建設完了までの期間が短いほど、想定された利益に近い運用益が出るでしょう。太陽光発電所の建設ラッシュが初期に一気に広がった理由として、固定買取価格の高さからすぐに着手した経緯があります。