こうすれば太陽光発電を上手に選べる!

太陽光発電投資の方法と全量買い取り

太陽光発電投資の方法には自らが太陽光発電システムを選択して、発電システムを設置する方法があります。この場合、太陽光パネルを設置するための場所が必要になります。所有している建築物に太陽光パネルを設置する場合、どれだけのパネルを設置出来るのかにより全量買い取りと余剰電力買い取りと言った買取り方法が変わります。
全量買い取りは発電した電気を全て電力会社に売電する方法、余剰電力は住居内で使わない電気を売電する方法で、太陽光パネルの総出力が10kwを超えた場合は全量買い取り制度を利用出来ますが、10kw未満の場合は余剰電力買い取りになります。
土地を購入して太陽光発電投資を行う方法もありますが、最近は出資を行って投資が出来る投資ファンドに注目が集まっています。

太陽光発電設備は定期的なメンテナンスが必要です

土地を購入して太陽光発電設備を導入する、太陽光パネルの総出力を10kw以上にすると言う事は可能です。しかし、土地購入と言っても太陽光発電に適している物件を選択しなければなりませんし、太陽光パネルやパワーコンディショナーは定期的なメンテナンスが必要になるなど、保守管理費用が幾ら掛かるのかを把握しておく必要があります。
太陽光発電投資ファンドの場合は、出資を行う人を募集し、投資ファンドを運営する会社が発電事業を全面的にサポートしてくれるため、出資を行う側が土地を探す、太陽光発電設備を導入すると言った事が不要になります。
更に、メンテナンスなどの保守管理費用についても投資ファンドを運営する会社が負担をするため、少ない費用で太陽光発電投資が出来るようになっています。