正式に契約する前に確認したいポイント

投資物件を選ぶ際には実質利回りを計算しよう

太陽光発電への投資は数多くある投資の中でもリスクが低く、大きな収益を上げやすいと言われており、太陽光発電への投資家が多くなっています。
しかも、太陽光発電の投資はエコへの貢献が出来ると言った魅力もありますよね。
太陽光発電の投資の中でも土地付き太陽光発電投資の場合、表面利回りは10%前後の高利回り商品であると言いますが、投資においては経費が多く掛かる、維持するためのメンテナンス費用と言ったコスト掛かります。
そのため、収益を正確に把握しておく事が大切です。
太陽光発電投資の際に掛かる諸経費には何があるのか、シミュレーションを行って実質利回りを計算するなどが必要ですが、シミュレーション可能なウェブサイトがあるため、利用するのがお勧めです。

太陽光発電投資に掛かる諸経費の内訳

土地付き太陽光発電投資を行う時に必要な諸経費には何があるのでしょうか。
太陽光発電はソーラーパネルや発電した電気を直列に接続するための接続箱、DC電源をAC電源に変換するためのパワーコンディショナー、発電メーターなどの設備が必要になり、これらを導入する費用並びに設置工事の費用が必要です。
太陽光発電は一度設置を行えば生涯使えるわけではなく、定期的なメンテナンス費用が必要になります。
土地を購入した場合には毎年固定資産税、ローンを利用して土地購入や設備購入費用を賄っている場合、ローン金利も考えておく必要があります。
尚、契約前に確認すべき事は、現地を確認する、日照時間などから発電量を確認する、メンテナンスやセキュリティが充実しているのか、自然災害における保証の有無などになります。